医療レーザー脱毛の基礎知識

医療レーザー脱毛の基礎知識

クリニックなどの医療機関で行っているレーザー脱毛についての正しい知識や失敗しないクリニックの選び方などを紹介しています。

医療レーザー脱毛は保険が効く

医療レーザー脱毛は大変人気のある脱毛方法ですが、医療機関で行う脱毛ということで保険が適応されるのではないか?と疑問を持っている方も少なくありません。

そこで、ここでは、医療レーザー脱毛の保険適応について説明したいと思います。

まず、医療レーザー脱毛で保険が適応されることはないと考えてください。
基本的に脱毛は、美容目的であって治療ではありませんので、保険の適応は不可とされており、さらに、自由検診とされていますので、レーザー脱毛の料金は治療の料金の様に点数が決まっており、それに伴って料金が決まるのではなく、各クリニックが自由に価格を設定しています。

しかし、一部の方からは、保険が適応されるケースもあるという事が言われています。
それは、多毛症という症状の場合には、治療として脱毛を行うという事ができるのではないか?と考える方がいるからです。

多毛症は、婦人科の病気とされており、簡単に言うと男性だけが生えていると思われる場所に女性でも毛が生えていると言うような症状の事です。

たとえば、男性のヒゲのように口のまわりに太く濃い毛が生えている場合や乳房の周り、へその周りに太く濃い毛が生えているという様な場合には多毛症が疑われます。

多毛症の原因は、特発性多毛症という遺伝や体質的なものの場合や多嚢胞性卵巣症候群という卵巣の病気で特殊な疾患の場合等があり、多嚢胞性卵巣症候群はホルモンの異常によるものなので、ピルや抗アンドロゲン剤を投与するなどの治療が行われます。

しかし、これらの薬物を使用しても改善されない場合には、クリニックの医療レーザー脱毛をする事が最善の措置となりますため、これが保険を適応することができると考えられているとの事です。

しかし、実際には、これによる保険適応の例はないと言われておりますので、最初に説明した通り、医療レーザー脱毛で保険を適応することはできないと考えていて間違いはなさそうです。