医療レーザー脱毛の基礎知識

医療レーザー脱毛の基礎知識

クリニックなどの医療機関で行っているレーザー脱毛についての正しい知識や失敗しないクリニックの選び方などを紹介しています。

医療レーザー脱毛で永久脱毛

とても人気のある医療レーザー脱毛では永久脱毛を行う事ができます。

永久脱毛の仕組みは、毛母や毛乳頭などの組織を破壊する事で毛が生えてこないようにするということになります。

医療レーザー脱毛では、レーザーの特徴でもある黒色に反応するということからメラニン色素に吸収された熱エネルギーで毛母や毛乳頭などの組織を破壊するという脱毛方法になります。

また、毛の再生の中枢として注目されている皮脂腺開口部の下部の立毛筋という部分も破壊する事ができるという説もあります。
この二つの効果によって毛の再生組織を破壊し、永久的に毛が生えてこないようにすることができると言われています。

この様な仕組みを使った医療レーザー脱毛を行えるクリニックは、とても多く存在しており、そのクリニック等の医療機関で採用している脱毛機器にも種類があります。

よく使用されている脱毛機器は、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザー等があります。
それぞれに特徴があり、アレキサンドライトレーザーでは、アレキサンドライトという宝石を使用しており、755nmの波長にて脱毛をします。

ダイオードレーザーでは、光源にダイオードを使用し、皮膚へのダメージや痛みを和らげる、集中冷却システムが付帯されているレーザー機器で、シェア世界一を誇る医療レーザー脱毛機器と言われています。

YAGレーザーは従来のレーザー脱毛機器に比べて長い波長で1064nmという事が特徴となっています。
メラニン色素への吸収率は低いそうですが、日焼けした肌や色素沈着に対しても安全性が高い機器として使用されているとの事です。

この様にそれぞれに特徴がありますので、自分にあったレーザー脱毛を採用しているクリニックを探すのも一つの手段だと思います。