医療レーザー脱毛の基礎知識

医療レーザー脱毛の基礎知識

クリニックなどの医療機関で行っているレーザー脱毛についての正しい知識や失敗しないクリニックの選び方などを紹介しています。

医療レーザー脱毛は火傷の危険がある

近年とても人気のある医療レーザー脱毛ですが、これには火傷の危険性があるという話も聞きます。
そこで、今回は医療レーザー脱毛による火傷の危険性について説明したいと思います。

まず、医療レーザー脱毛による火傷の危険性があるかどうかという疑問ですが、これの答えは、火傷の危険性はあるというのが正しい答えです。

これは、各医療機関の脱毛のQ&Aや注意事項、医療レーザー脱毛の説明にもよく書かれている事で、「医療レーザー脱毛ではまれに火傷のような症状を起こすリスクがあります」と記載がある事が多いです。

また、口コミや質問の掲示板を見ても実際に火傷を負ってしまったという投稿も見かけます。

この様なことから、医療レーザー脱毛による火傷の危険性はゼロではないという事がわかります。

しかし、これは、そこまで心配することではないと考えています。
それは、医療レーザー脱毛は医療機関でのみ行う事ができる脱毛方法となっておりますので、このような危険性があるため、専門の知識と技術を持っている医師が取り扱う脱毛方法ということになっているからです。

しかし、火傷はその場で気が付くというケースもあれば、数日たってから気が付くと言うケースもありますので、そのチェックするポイントを紹介しておきます。

まず照射直後にチェックするポイントですが、これは、赤くなったり腫れぼったくなる事が普通なため、なかなか見つけにくい事です。
照射が終わっても一部だけが熱く感じると言うようなことがあれば、担当の先生に伝えるようにしましょう。

帰宅後にヒリヒリするところがあったり、白くふやけたように盛り上がっている場合には水疱になる可能性が高いですので、とにかく冷やすという処置を取り、その後たんとうの先生に事情を説明し対応してもらうようにしましょう。