医療レーザー脱毛の基礎知識

医療レーザー脱毛の基礎知識

クリニックなどの医療機関で行っているレーザー脱毛についての正しい知識や失敗しないクリニックの選び方などを紹介しています。

医療レーザー脱毛の機械

医療レーザー脱毛は、レーザーを放つことができる機器を使用して脱毛を行いますが、この医療レーザー脱毛機器は色々な種類があります。

そこで、今回は、医療レーザー脱毛機器の紹介をします。

まず、医療レーザー脱毛機器の種類ですが、良く採用されているダイオードレーザー、アレキサンドライト、ルビーレーザー、ヤグレーザーの4種類について説明します。

この中でも現在の脱毛を行っている医療機関で主流となっているのは、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの2種類と言われておりますが、クリニックや病院によっては、導入している機器に違いがある事を知っておきましょう。

では、機器の特徴です。

ダイオードレーザーの照射面の形は、長方形となっており、効果が高く照射漏れが少ないという特徴があります。
そして、冷却装置で肌を圧迫し脱毛するため、痛みが少なく、照射漏れの恐れが少ないとの事です。

次に、アレキサンドライトの照射面の形は円形となっており、効果はとても高いが重複照射しやすいと言われております。
そして、照射前の冷却ジェルは必要なく、ダイオードと同等の効果を得る事ができるという事が特徴とされています。

次にルビーレーザーですが、これは、照射面の形が六角形となっており、ダイオードレーザー、アレキサンドライトに比べて効果が少ないと言われております。
メラニン吸収率が高く、肌の白い人向けのレーザーとなっているため、肌の黒い方では火傷をしてしまう可能性があるとの事です。
この様な事から、あまり導入されている医療レーザー脱毛機器となっています。

最後に、ヤグレーザーですが、これは、照射面の形が円形で、アレキサンドライトレーザーの円形と比べると小さく○といった形をしています。
そのため、漏れや重ね打ちをしてしまう事が多いとの事です。
メラニンへの反応度が比較的弱いので肌が黒い方や日焼けをしている方に適していると言われています。

この様に機器にはそれぞれ特徴がありますので、自分にあった機器を導入している脱毛クリニックを探す事をおすすめします。